脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

当院では、20年来色々な症状や痛みに悩む患者さんを診て来ました
最近、脊柱管狭窄に悩む多くの患者さんを治療してきました

脊柱管狭窄症とは首から腰の背骨の部分で神経を囲んでいる菅が
狭くなっていくと神経が圧迫され色々な症状が現れます。
多いのは痛み、しびれなどです。

特に高齢の方に多く今後も増加していくと思われます。

脊柱管狭窄症でお困りであれば当院の脊柱管狭窄症の改善方針に
ついて書きましたのでじっくりお読みください。

 

長い時間歩いていることが出来ない

病院

・立ったり歩くと足が痛くなる

・座って休むとまた歩ける

・自転車や車、座っているとあまり気にならない

・歩くとしびれて痛い

・足が冷たい冷える

・手がしびれ痛い冷たい

・体を反らすとしびれや痛みが現れる

・首を動かすと痛い上を向くとしびれ痛みがでてくる。

・整形外科で脊柱管狭窄症と言われた。

・病院で老化現象と言われた

・薬や張り薬だけでよくならない

・手術と言われた

・整体やマッサージで気持ちはいいが痛みはなくならない

当院では、このような、脊柱管狭窄症の痛みや
さまざまな症状でお悩みの方が来院されています。

当院ではバランス反射療法の整体、無痛の整体で
根本治療・再発予防を目指して取り組んでいきますので、
どこに行けばいいかわからないとお悩みあなたも
どこへ行っても満足できない方も気軽に当院までご連絡下さい。

 

脊柱管狭窄症にはこんな治療をします。

腰痛施術

原因によって治療方法もちがいます。
初診の時あなたの身体をしっかり
問診・検査をさせていただきます。

脊柱管狭窄症の種類はたいへん多くあります。
症状も色々あります、
原因によって治療法もさまざまです。

あなたの体にどうして脊柱管狭窄症の症状が
現れたのか調べて説明します。

体全体の歪みを整えてバランスの良い体にすると
負担がなくなります。

首や腰の狭窄症と病院で診断された人

狭窄症と骨と骨の間にある椎間板クッションの役割をしている、
椎間板が狭くつぶれて間隔が狭くなる状態です。

人は絶えず上からの重力に耐えています。

朝は起きると背筋が伸びていますが時間が立つにつれて
夜には体は縮んで背が低くなっています。

これが椎間板のクッション性がなくなりつぶれた状態です。

椎間板は夜眠る事により水分が戻り上からの重力なく元の状態に戻ります。

また筋力が低下して骨を支える事が出来なくなると椎間は狭くなります。

椎間が狭くなると椎間板はつぶれた状態のままです。

つぶれた椎間板が神経を圧迫します。

痛みが現れ下肢(足)に影響が現れ血行不良で足が思うように動きません。

血行不良で足の筋肉が低下して力が入りません
足もしびれて感覚が鈍く、冷えて足が痛いです。

腰を曲げて椎間を広げてればまた痛みがなくなり歩けます。

前かがみの姿勢でスーパーのカーゴを押すととても歩きやすいです。

狭窄症の人は長い時間歩く事が出来ませんが
少し休んで腰を下ろせばまた歩く事が出来るのが
その理由です。

狭窄症と病院で診断された人は病院でも言われていると
思いますが、簡単に改善するものではありません

病院では手術か諦めて上手に狭窄症と付き合って
いくしか、これ以上悪くしない事と説明されていると思います。

当院では狭窄症になりにくい体に調整していきます。
少しでも痛みのない状態、椎間を少しでも広げる事をします。

長い期間かけて狭窄症なったのですから

簡単に良くなるものではありません

当院では狭窄症の人は最低3~4か月ぐらいの時間をかけます。

まずは体の歪みやねじれを取り体を整え環境を良くしていき
自分で治す力をつけます。

体への負担がなくなれば体に力がつき正しい位置に戻ります。

その状態を維持する事が大事ですが

どうしても日常生活の中で悪い姿勢や動作ストレスなどで
体は歪んでいきます。

そのために定期的なケア、メンテナンスが必要になってきます。

病院で手術した後でも、椎間板狭窄症になりにくい体に維持する
事がとても大切です。

手術した後体のケアをしないとまた違う所が狭窄症になる事もあります。

狭窄症は椎間板がねじれ、つぶされ間隔が狭くなっています。

時間はかかりますが体を正しい位置に戻せば椎間板も元の
位置に戻っていきます。

排尿、排便困難症状の人は病院で手術をした方がいいです。
生命に関係することですから
脊柱管狭窄症

疲労や寝不足・生活習慣や動作のクセ・ストレスからも
脊柱管狭窄症になる方や悪化する方もいます。

首の狭窄症の方が慰安マッサージで首を
揉まれると悪くなる場合もあります。
首には重要な脳に行く血管や神経、自律神経があります。
とても重要な所です。

これくらいの症状と我慢しないでひどくなる前にご連絡下さい。

田中健康院では原因を見つけてあなたの症状に合わせ、
痛みだけではなく体を根本から改善してこの痛み、しびれが
でないような体、狭窄症になりにくい体に健康維持や
予防・ケアと共に治療方針を立てます。

その痛み、しびれいっしょに改善してみませんか!

あなたの大事な身体あなたとあなたの周り大事な家族や人々の
為にあなた自身の身体をもっと、大切にして下さい。

もっと早く自分の身体を大切にすればよかったと後悔しないために
お気軽にご相談下さい。

 

脊柱管狭窄症でお悩みが改善された方の声

当院に脊柱管狭窄症のお悩みで来院された方から
いただいた感想を紹介します。

ご参考になれば幸いです。

Tさん
<主婦>

「長い時間動く事が出来るようになりました。」
(脊柱管狭窄症(腰)で来院されました)

「病院で狭窄症と診断され痛み止めとシップ薬だけで 年令的なものと様子を見ましょうと言われ何も治療らしき事は 何もしていません。田中先生の説明で状態がわかり安心でき ました。休んだり座ると楽になります。足のしびれは なかなか取れませんが以前よりは長い時間動く事が 出来るようになりました。これ以上ひどくなりたくないので 体を治したいと思います。」

Oさん
<自営業>

「病院で手術をすすめられ怖くて来ました。」
(脊柱管狭窄症(腰)で来院されました)

「歩く事が辛く感覚があまりなく冷たい感じ 自転車は痛くない仕事で台車を押していると 歩けます。足が痛くしびれ立っていられません 前かがみで荷台を押しているとまだ大丈夫 病院で手術をすすめられ怖くて来ました。 先生も病院と一緒に治療していただけるので 時間がかかると言われましたが手術はまだ 怖いのでこれ以上悪くならないためにも よろしくお願いします。」

 

お気軽にご連絡ください。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ