くびの狭窄症の手術後の痛み、ケア

当院では、20年来色々な症状や痛みに悩む患者さんを診て来ました
最近、脊柱管狭窄に悩む多くの患者さんを施術してきました。
くびの狭窄の手術をした人も多くお見えになっています。
手術をしたが、またしびれ、痛みが辛いという方

脊柱管狭窄症とは首から腰の背骨の部分で神経を囲んでいる菅が
狭くなっていくと神経が圧迫され色々な症状が現れます。
多いのは、痛み、しびれなど筋力低下になる人もいます。

病院や医療機関では原因がわからないとか経過観察と治療が困難と
言われた方々もこれまでにたくさん来院され当院で施術を行ってきました。

病院でうまく改善されなくても、無痛バランス整体で
改善されてきた例を今までに数多く診させて頂いております。

今の状態諦めかけてるあなたも、諦めないで一度当院に
ご相談いただければと思います。

くびの狭窄の手術後の痛み・症状でお困りなら、
当院の手術後の体のケア改善方針について書きましたので
お読みください。

首の動きが悪い感じ


・首や肩周りが緊張して動きが悪い
・力が抜けない
・しびれる
・手がひりひり熱い感じ
・力が入らない
・動きにくい
・全身緊張している感じ
・体や手が冷たい
・やる気がでない
・眠りが浅く疲れやすい

手術後の生活習慣や悪い姿勢、体の使い方など、以前と変わりがなければ
また、同じ事の繰り返しや違う所や同じ所に症状が出るかもしれません

当院では、このようなくびの狭窄の手術後の痛み
さまざまな症状でお悩みの方が来院されています。

当院ではバランス反射療法の整体、無痛の整体で
根本施術・再発予防・動きやすい体を目指して取り組んでいきますので、
どこに行けばいいかわからないとお悩みあなたも
どこへ行っても満足できない方も気軽に当院までご連絡下さい。

くびの狭窄の手術後の痛み・症状にはこんな治療をします。

原因によって治療方法もちがいます。
初診の時、あなたの身体をしっかり、問診・検査を
させていただきます。

くびの狭窄の手術後の痛み・症状の種類はたいへん多くあります。
原因によって治療法もさまざまです。

あなたの体にどうしてくびの狭窄の手術後の痛み・症状が
現れたのか調べて説明します。

体の歪みで筋肉のバランスが悪くなりどの筋肉に影響で現れ、首(頸椎)に
負担がかかっているのか全身のバランスを見ます。

手術後の体の使い方バランス、大事にして動きが固く動きにくい体になって
いるのを動きやすい、滑らかに動くようにリセットしていきます。

動きやすい体にしてから、体のバランスを整え、負担のない無理のない、
いい状態で動ける、姿勢、体していきます。

この状態を習慣づけ、安定させていきます。

自分で筋トレなどの体操や運動で維持する事も大切ですが
そこまでに行くには、専門家に任せる事もいいと思います。

リセットして動きやす体
症状を改善していく
体を維持させる習慣づける
月1から2回のメンテナンス、安定させていきます。
人によって違いますが3ヶ月を目安に施術していきます。
6ヶ月の人もいます、その後メンテナンス、で月1から2回体の健康維持です。

体を戻して動きやすい体、負担や無理のない体にしていく事が必要です。
生活習慣の悪いクセや悪い姿勢、睡眠不足、栄養、運動不足、ストレスなども
関係してきます。

病院で狭窄と言われて、痛い、しびれが当たり前と勝手に脳の方が
思ってしまっている場合もあります。

くびの狭窄と言われても痛くない人、しびれない人もいます。
全員が痛みやしびれがあるわけではありません

くびの狭窄は痛い、しびれと最初から思い込むと脳の方が勝手に
痛みやしびれが強くなるようです。

まずは体と心のバランスを整えて、動きやすい、無理のない姿勢に戻して
いくようにしていきます。

これくらいの症状と我慢しないで、ひどくなる前にご連絡下さい。

田中健康院では、原因を見つけて、あなたの症状に合わせ、
痛みだけではなく体を根本から改善して、この痛み、しびれが
でないような狭窄になりにくい体に健康維持や予防・ケアと共に
施術方針を立てます。

くびの狭窄の手術後の痛みでお悩みが改善された方の声

当院にくびの狭窄の手術後のお悩みで来院された方から
いただいた感想を紹介します。
ご参考になれば幸いです。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ