腰の狭窄の手術後のケア

当院では、20年来色々な症状や痛みに悩む患者さんを診て来ました
最近、脊柱管狭窄に悩む多くの患者さんを施術してきました。
狭窄の手術をした人も多くお見えになっています。
手術をしたが、またしびれ、歩行が辛いという方

脊柱管狭窄症とは首から腰の背骨の部分で神経を囲んでいる菅が
狭くなっていくと神経が圧迫され色々な症状が現れます。
多いのは、痛み、しびれなど歩行が困難になる人もいます。
座っている時や腰を曲げて物を押して動くのはいいようです。

特に高齢の方に多く最近では中高年の狭窄症も今後も増加していくと
思われます。

腰の狭窄症の手術後でお困りであれば、当院の腰の狭窄症の改善方針に
ついて書きましたのでじっくりお読みください。

手術をしたが力がなく歩くのが辛い

手術をしたら良くなると思っていた人がたくさんいます。
以前のように動けるとかしびれが取れるスッキリすると思っていたと

・足のうらのしびれが取れない
・足に力が入らない、不安定
・動きたくない
・手術後1年後の痛みしびれが現れて足が痛い
・歩くのが困難
・足が冷え冷たい
・体全体に力が入らなく立っているのも辛い
・真っ直ぐに立てない
・腰が固く動きにくく曲げれない
・足のうらがふやけている感じ
・休息しながら歩けるが足が動かなく痛い
・階段が辛い

当院では、このような腰の狭窄症の手術後の痛み、
さまざまな症状でお悩みの方が来院されています。

当院ではバランス反射療法の整体、無痛の整体で
根本施術・再発予防・動きやすい体を目指して取り組んでいきますので、
どこに行けばいいかわからないとお悩みあなたも
どこへ行っても満足できない方も気軽に当院までご連絡下さい。

腰の狭窄の手術後の痛み・ケアにはこんな治療をします。

原因によって治療方法もちがいます。
初診の時、あなたの身体をしっかり、問診・検査を
させていただきます。

腰の狭窄の手術後の痛み・症状も色々あります。
原因によって治療法もさまざまです。

あなたの体にどうして腰の狭窄の手術後の痛み・様々な症状が
現れたのか調べて説明します。

体の歪みで筋肉のバランスが悪くなり、どの筋肉に影響で腰(腰椎)に
負担がかかっているのか全身のバランスを見ます。

足、腰から頭から腕、首など正しい位置にあるのか
腰に負担がどのくらいかかっているのかを調べて
体のバランス、筋肉のバランスを整えます。

腰に症状が現れただけで、原因は違うところにあることが多いです。

腰や足首、手首、背中など体全体の歪みと整えることによって
腰の狭窄の手術後の痛み・症状が変わっていきます。

腰の狭窄の手術はしましたが、狭窄部を広げただけで、
その歪んだ体は元に戻っていません

狭窄は体が歪んで背骨がねじれて、元に戻らない状態、背骨が雑巾を
絞った状態が長年続いたのです。そのような体をそのままにしていると
また、腰の狭窄になるかまもしれません

体を戻して動きやすい体、負担や無理のない体にしていく事が必要です。
生活習慣の悪いクセや悪い姿勢、睡眠不足、栄養、運動不足、ストレスなども
関係してきます。

病院で腰の狭窄と言われて、痛い、しびれが当たり前と勝手に脳の方が
思ってしまっている場合もあります。

腰の狭窄と言われても痛くない人、しびれない人もいます。
全員が痛みやしびれがあるわけではありません

腰の狭窄は痛い、しびれと最初から思い込むと脳の方が勝手に
痛みやしびれが強くなるようです。

まずは体と心のバランスを整えて、動きやすい、無理のない姿勢に戻して
いくようにしていきます。

これくらいの症状と我慢しないで、ひどくなる前にご連絡下さい。

田中健康院では、原因を見つけて、あなたの症状に合わせ、
痛みだけではなく体を根本から改善して、この痛み、しびれが
でないような腰の狭窄になりにくい体に健康維持や予防・ケアと共に
施術方針を立てます。

その痛み、しびれ、いっしょに改善してみませんか!

あなたの大事な身体、あなたと、あなたの周り大事な家族や人々の
為に、あなた自身の身体をもっと、大切にして下さい。

もっと、早く自分の身体を大切にすればよかったと後悔しないために
お気軽にご相談下さい。

腰の狭窄の手術後でお悩みが改善された方の声

当院に腰の狭窄の手術後のお悩みで来院された方から
いただいた感想を紹介します。
ご参考になれば幸いです。

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ