「がん免疫細胞療法」がん治療の一つについて

がん免疫細胞療法

 

今のがん治療は外科療法、化学療法、放射線療法が主流です。


外科は組織を摘出する、化学療法と放射線は、がん細胞を直接、
破壊することにより体からがん細胞を一つものこらず排除することが
目的です。いずれも「がん細胞はすべて殺すという考えが基になって
いるようです。

 

これらの療法は初期がんに対しては治療効果をあげているそうですが

 

再発、進行がんに対しては、十分な効果をあげているとは
言えないみたいです、副作用もあって患者さんの肉体的、精神的負担が
小さくないのが現状みたいです。

 

「がん免疫細胞療法」、体の「抗がん力」を利用して
がんを退縮に導こうという療法も試みられています。

 

免疫細胞療法は免疫学の進展に伴って、研究、開発が進み
かつては外科、化学、放射線療法の補助的な療法でしたが

現在ではがん治療の第4の柱として評価されています。

 

免疫力とは「体内に侵入した異物(病原体など)や体内で
発生した異常(がん)細胞などの異物を感知して破壊する」力です。

 

免疫は血液の中の白血球、リンパ球を活性化して
免疫を高めて、がん細胞を感知して退治する方法ですが

その中にも色々な方法があります。

 

今度、話をしたいと思います。

がん治療にはこれから副作用のない療法がいいと思っています。

また勉強して、わかり次第、報告します。

 


みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。

 


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ