足の指の付け根の裏の痛みと膝内側の痛みが気になる・・・

膝を曲げる時に内側の痛み、膝関節の下の内側、少し腫れているが膝は曲がる


運動をする時、足の指の付け根裏側に痛みが体重をかけると痛い


歩いている時にも痛くなる時もある。

足の指の付け根裏と膝の痛み

 

この患者さんはスポーツをしていて膝が痛く、足の裏が痛く、思うように
出来なく、でもスポーツが好きなので運動をしているそうです。

 

足の指の付け根辺りは普段は痛くない時もあるそうで、体重をかけると
踏ん張ると痛くなるそうです。


普段は痛くないように歩いているようです。

 

前に体重がかかると膝が曲がり痛める人が多いです。
つま先で歩いて体重がかかると膝に負担がかかります。

膝が曲がり、伸びていません

 

また腰が下がってお尻が下がっているとお腹が前に出て、膝が曲がって
伸びていません

 

お尻が下がっているので足をあげて歩くと時に足が前に出なく、少し外側に
足が出ます、膝から下が外に開いて歩いて、膝関節を正しく曲げたり
伸ばしたり出来ません、膝関節に歪みが現れ、内側にひねったり、外側に
ひねったりして関節を歪ませて負担をかけています。

 

まずは体のバランスを整えて動きやすい体に調整して正しく関節が曲げたり
伸ばしたりできるようにしていきます。

 

今回の人は前体重を元の戻して、膝に負担がかからないようしていけば
足の指に付け根も痛くなくなっていきます。

 

この体のバランスを整えて、いい状態にするには時間がかかります。
長年かかって、自分の悪いクセ、動作、姿勢が今に痛い状態があるのです。

 

いい状態を習慣づけるために、バランスを整え、いい状態を脳に学習させる
事が必要です。


楽になる方法がわかっているので後は習慣づけしていきます。

 

いい状態でも普段のクセ、姿勢、ストレス、睡眠不足などでくずれる事が
あります。

 

まずは動きやすい状態にして負担のかからない体にして、いい姿勢を
覚えましょう。

 

どこが痛くても、その部分だけが悪いのではなく、どこかの悪い影響で
負担がかかって痛みとして現れているだけなので、痛い所が悪いのではない
場合があります。

 

どこかの歪みが負担になって動きを悪きさせ、痛みや違和感として現れて
いる場合がほとんどです。

 

一度、体、全体の歪みを整えてバランスのいい体して動きやすくしては
どうでしょうか

 

気になる所があり人は一度、が連絡ください

 

やりたい事を好きなだけ、気にしないでやりたいものですね。

 

 

 

※「個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

         午後3:00~ 8:00

     土曜  午前9:30~18:00

     定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ