膝が腫れて水が溜まった状態、腫れが引くには時間がかかるのは・・・・

膝が腫れて水が溜まった状態でなかなか腫れが引かない人がたくさんいます。


膝が痛く、膝を使わなくては何もできない、炎症があるのに安静にできない

膝の腫れ・水腫

 

膝を強打したり、膝の悪い使い方、無理な姿勢で膝に炎症が起きた
水が溜まる人がいます。

 

運動のやり過ぎや無理な動きで膝に負担がかかって炎症します。


膝関節を正しく使えればいいのですが、みなさん、歩く、走る、立っている時
座っている時などひねったり、外に開いたり、内に入れたり、
正しく関節を動かす事が出来ないようです。

 

イスに座っている時も足を組んだり、膝下を外や内に、真っ直ぐと思っている
人もいますが、結構、複雑に動いています
足首を開いたり、足の外側で立っていたり、色々ひねって立っています。

 

動きも同じで歩く時、膝を外に開いて歩く人、膝から下だけ動かして
関節に無理や負担をかけています。

 

膝を曲げた状態での生活、動きで膝に負担がかかっているのです。

 

一度、膝が炎症起こすと膝関節の皮膚はしわがなくなり、赤く光った、
ツルツルした皮膚になっています。

 

膝関節の炎症を抑えるために自己防衛として関節に水のような物が集まり
炎症を良く症として闘っています。
そのために水が溜まってきています。自分で治そうとしているのです。

 

膝に水が溜まって腫れているのは簡単には引きません
時間がかかります。


ケガなどして周りが腫れる事がありますが、ケガが治れば順番にひていきます


その場合は、出来るだけ安静して動かないようにしているので早く腫れは
引きます。

 

膝の場合は安静にできないので動いてしまいます。
また重力や体を支える時に使います。

 

炎症が収まっても水が引くには3ヶ月くらいかかります。


出来るだけ膝を使ったら、関節を氷水で冷やしたください。
約10分くらいでいいです、長い時間は凍傷したり皮膚の色が変わります
気をつけて下さい。

 

運動をする人は運動後に冷やして下さい。
お風呂に入ってからも膝関節を冷やすこともいいです。

 

まずは炎症を押さえるために冷やして、関節を正しく動かせるように
体のバランスを整える事が必要です。

 

膝関節に無理な動きや負担がかからないように整えていきます。


関節の動きが正しく曲がるようになってくると動きやすくなって
無理がかからなくなってきます。

 

膝が腫れると時間はかかりますが、関節を正しい位置に戻していけば
また炎症で腫れることの予防にもなります。

 


田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

         午後3:00~ 8:00

     土曜  午前9:30~18:00

     定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ