すべり症と狭窄症、長い時間歩くと足がだるく痛い、辛い・・・

すべり症は腰椎、腰の背骨が前にすべっている状態、腰の前弯が強い人です。


お腹を突き出して、背中を反らしている人に多いです。

すべり症・狭窄症

 

病院で腰が痛いとか足やお尻が痛い時にヘルニアか狭窄症、すべり症と分離症
など言われる人がいます。

 

すべり症は前弯が強いので後ろ側の背骨が狭くなっています。
腰を支えるのは前側と後ろ側、横側で支えていますが、前側が休んで
後ろ側だけで体を支えているので腰やお尻、足に負担がかかります。

 

すべり症の中に分離症がある人もいます。

分離症とは腰骨に一部が骨折したり、離れている状態です。
腰骨は上下関節なっていて支えて繋がっていますが
関節部分の一部が離れて、分離しているのでその一部の関節の腰骨が
不安定で前にすべる事があります。

 

分離して腰骨は戻る事はできません、手術で骨を足す事が出来ますが
多くの人はそのままの状態で生活しています。

腰骨が不安定のため周りの筋肉は絶えず緊張しています。

 

筋肉がある人はまだ、いいのですが
筋肉低下と共に負担がかかります。
若い時は気にならなかった痛みが筋力低下と運動不足で痛みが気になって
足やお尻など痛みが現れて不安になってきます。

 

以前は数日で良くなって忘れていたのが、痛みがいつまでの続くので不安が
痛みを増してきます。

 

この人はすべり症で狭窄症と病院で診断され、痛みがいつまでの続くので
心配に長い時間歩けない、階段が登れない、立っていると足やお尻に痛み
休憩するとまた動ける状態です。

 

重たい物を持って、体を反らして、いい姿勢のつもりで歩いていたそうです。
背中を後ろに倒してお腹を前に突き出して歩いて腰骨が前弯が強くなって
痛みが増している状態

 

急に前弯が強くなったわけではなく以前からあったと思います。


長年かかって今の痛い前弯が強い状態になったのですが
長年の負担や無理、ストレス、体調不良などがきっかけで足やお尻に痛みと
して現れたと思います。

 

今までの痛み、長年の色々な所の痛みの積み重ねが今の状態を作っています。


今まで我慢して、忘れていた痛みは、痛くない姿勢をして体をかばい
負担や無理な動きをしていただけで、何かのきっかけで今の痛みが
限界まできていたのだと思います。

 

狭窄症は椎間が背骨の間が狭くなってきます。
少し休息をするとまた椎間の間が戻り動けます。
重力の関係で、イスに座ったり、横になると復活します。

 

腰なども痛いのですが、足の痛み、違和感、しびれ、冷えなどが多いです。
足やお尻などが痛いと動けなくなります。
痛みで動かなくなって運動不足で筋力も低下して悪循環です。

 

椎間を広げて動きやすい体に体のバランスを整えることをおすすめします。
痛い時間帯が短くなっていくのと痛みがない時間が長くなっていきます。

 

最低3~6ヶ月かかります。体の歪みやねじれを取って椎間の間、背骨の間を
元に戻して、動きやすい体、無理がかからない体で動いていく事でいい状態を
維持できてきます。

 

維持するのに少し時間がかかります。
長年かかってなった体です。治す力をつけて、痛みの出ない体に維持
していきましょう。

 

痛みだけにとらわれて、悩むより今できることを楽しんでいきましょう。

 

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

         午後3:00~ 8:00

     土曜  午前9:30~18:00

     定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ