椎間板ヘルニア、坐骨神経痛で座るとお尻が痛い・・・・

椎間板ヘルニアと診断され、病院でリハビリ、イスに座るとお尻が痛く


長い時間座っていられない、お尻と太ももが痛い、腰はそれ程痛くない

椎間板ヘルニア

 

坐骨神経痛や椎間板ヘルニアでお尻から足にかけての痛みのある人は
たくさんいます。

 

足が痛く動けない人もいます。坐骨神経痛の痛みはとても辛いです。
締め付けられる痛み、中の方の痛みでどこが痛いのか、わからない痛み

動いていなくても痛いです。坐骨神経はとても太く、腰から足に
かけて走っています。

 

座っていても痛いので何回もお尻を移動させ、痛くない所を探して
座っています。またその姿勢がお尻も痛みを増すこともあります。

 

足やお尻が痛いのですが、そこだけが悪いのではなく
体全体のバランスが悪く、無理や負担が腰やお尻、足に痛みとして
現れただけです。

 

ヘルニアや坐骨神経痛の人の体はどちらかに傾いたり、曲がったりしています
腰やお尻が外に出たり、体を傾けて生活しています。

 

体の歪み、椎間のねじれを戻して、負担や無理がかからない体にして
動きやすすることが必要です。

一度や二度くらいでは戻りきれません、普段の生活習慣によって今の痛い体が
あるのです。

何回も戻して、いい状態を維持する事が大事です。

 

坐骨神経痛や椎間板ヘルニア、狭窄症の人は最低3ヶ月から6ヶ月必要です

正しい位置に戻し続ければ、動きやすくなって痛みも良くなっていきます。

また姿勢もいい状態になるので無理や負担が良くなっていきます。

 

座ってお尻や太ももが痛い人の座り方はお尻を下げ、骨盤を倒して
足を前にだして、腰が曲がった状態の人が多いです。


お尻のあたる位置が違います。

一度、正しい座り方で座ると、お尻の位置変わるので痛くありません
皆さんに正しい座り方を教えると、痛くないと言います。

 

座り方も変えて、負担のかからない状態にしています。

座り方は便座に座る時のような姿勢で骨盤が立っている状態です。
膝を曲げ、後ろに引くことも大事です。

 

体のバランスを戻して、座り方も変えて、いい方向に向かって行きます。

またへルニアだから痛いのは当たり前と諦めている人
良くなると思わないと痛みなどはなかなか取れません
良くなると信じていて下さい。

 

正しい座り方の知りたい方、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛でお尻や太ももの
違和感や痛い人、一度、体のバランスを整えてください。

いつでもご連絡ください。

 


※「個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

         午後3:00~ 8:00

     土曜  午前9:30~18:00

     定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ