お尻が痛い時は足が痛くなく、足が痛い時はお尻が痛くないヘルニアの人・・・

以前病院でヘルニアと診断され、数年腰は落ち着いていたようです。


時々、腰が痛くなる事はあっても以前のような痛みはない人で


最近、お尻が痛い、次に足、膝から下の外側、足首辺りまで痛い、しびれ感

お尻の痛み、足の痛み

 

お尻が痛い時は足が痛くなく、足が痛い時はお尻が痛くない症状です。
両方痛い時もあるが片方だけの時が多いようです。
今回は腰は痛きないようです。

 

腰からの神経で坐骨神経系の痛みとしびれです。


ヘルニアをした人が腰を大事にしてあまり動かさないでいるかコルセットを
して、筋肉が低下している人も多いようです。

 

また動かさないので、腰周りや背骨、腰椎などに遊びがなく、余裕がありません
腰回りが動かないようになっている人です。

 

お尻が下がり、腰が下がて後ろに体重がかかって後ろ側だけで体を支えている
状態で無理がかかっています。

前側がお休みしています、お腹周りが前に出て力がありません

上体も後ろにそっくり返って、後側だけで体を支え、腰やお尻、足に
負担がかかっています。

 

腰の動きも動きが悪いので、動き時のも無理がかかって負担になっています。

 

お尻が時、みなさんはお尻を叩きます。
叩いていても痛みが消えるわけではありませんが
マヒさせて痛みを忘れさせているだけです。

 

激痛の時は叩くことも出来ません、叩く、触るだけでも痛いです。


マヒさせて、鈍感にしていると、後から体からのお知らせがわからなく
なって軽い痛みでは感じなく、激痛までならないとわからない状態になります。

体は敏感になっていた方が体からのお知らせがわかりやすく、早く気がつく事
で早めに良くなっていきます。

 

痛い所はたくさんあって、今一番痛い所しか感じないかもしれません。


お尻も足も痛いのですが、どちらか痛い方だけ感じている場合があります
同じ神経系列で上だけ痛いと下だけ痛いとかいる人もいます。

 

同じ神経系列で両方痛い時もあり、神経の興奮が強いと両方痛みます。
お尻、足だけでなくヘルニアになった腰のバランスを整えることが大事です。

 

また筋肉が低下している場合もあるので、バランスを整えながら筋肉を
鍛える、運動も必要になってきます。

 

まずは散歩から始めるかラジオ体操がいいです。
体がある程度、体操や散歩になれてから次の段階の運動が出来ます
基礎から始めましょう。

 


田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ