腰が痛く伸ばせない、曲げて、杖をついてしか歩けない・・・

腰に激痛でギックリ腰と思っていたら、腰からお尻、太ももの後ろに痛み


病院で軽いヘルニアかもと言われて、腰が曲がったままでしか歩けない

お尻、足の痛み

 

腰を伸ばすとお尻から太もも、足が痛く、腰を前に倒して歩いて移動
横になっても足が伸ばせなく、膝を立て曲げてないと眠れない
寝ていても、腰やお腹の力が抜けなく緊張している状態

 

今は腰はそれ程痛くはないが、お尻や太もも、足、股関節の付け根が痛い
何をしていても痛い、病院で痛み止めの薬を飲んでも痛みはある

仕事も腰を曲げていないと痛いので休養中、腰が伸ばせて歩けるように
なったら仕事に行きたい。

 

ヘルニアからくる坐骨神経痛でお尻から足にかけての痛み
坐骨神経痛は腰から足までを通っている神経で、太い神経です。


とても痛い、激痛が走ります。一度神経が興奮して炎症があると
その炎症が収まるのに時間がかかります。

 

興奮した神経を、動かすことによって痛みが増すこともあります。
坐骨神経痛の激痛が現れて人は最低3ヶ月から半年は痛みがあります。

激痛は、早い人で1ヶ月くらいで軽減しますが痛みはまだあります。

 

病院でブロック注射や痛み止めの注射で痛みを押さえても
また痛みが現れます。


神経をマヒさせて痛みを感じなくしている間に自分の力で治すのが
ブロックと痛み止めの注射です。
それでよくなる人は、とても軽い人か初期の人です。

 

長年の腰痛があって何回もギックリやお尻、足の痛みのある人は
簡単にはいきません。

自分の力で治すことが出来ない状態が続いています。
またどうして、痛みが腰やお尻、足などに現れたのか
負担がかかったのかを元に戻さなければ、また痛みは現れてきます。

 

休んでいれば楽になっていきますが、休んで良くなっているうち良いのですが
休んでも痛みが取れないのは、自分で治す力だなくなってきている事です。

 

ますは痛みの出る体を元に戻していかなければいけません
体のバランスを整える、負担のない動きやすい体にしていきます。

また生活習慣での悪い姿勢、クセ、睡眠不足、ストレスなどからも
また負担がかかってきます。


そのためには、バランスの取れて体にして、自分の力で治す力をつける事が
必要です。

そのために健康維持の定期的な調整が必要になってきます。

 

手術をしても、体のバランスはよくはなっていません
負担がかかって動きが悪ければ、また同じ事の繰り返しになってきます。

バランを整えて、自分の力で良くなる体のしていくことが大事です。

 

曲がった腰も痛みがなくなって体を伸ばして、いい姿勢で動けます。
曲げなければいけない腰はとても負担がかかって動きにくい体です。

 

人は痛みを避けるために痛みの出ない姿勢をしていきます。
痛みがなくなったのではありません、みなさん勘違いして
そのうちにどのような姿勢をしても痛みが取れなくなってきます。

その前に、自分の体のバランスを整えていきましょう。

 


田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ