慢性腰痛から膝の痛み次に股関節の前面辺り鼡径部の痛み次は・・・

慢性の腰痛があって、膝の痛み、階段を降りる時が一歩ずつ、膝に水が溜まり


整形外科で水を抜いた人です。

股関節・鼡径部も痛み

 

膝の痛みも、何か特別なことをした訳でもなく、痛くなって、
歩くのに不都合で膝に水が溜まって腫れたそうです。

 

歩き過ぎたとか、膝を酷使したこともなく、また膝を強打したこともなく
膝が痛くなった、仕事で重たい物を持って運ぶことはあるそうです。

 

腰は長年の腰痛でだるい痛み、スッキリしない状態、疲れてくると痛い
ぬけるようで怖いそうです。以前ギックリ腰をして、動けなくなったことが
2回程あって、それ以来、腰がぬける、落ちるのが怖く、
大事にしているようです。

 

腰の次に膝の痛み、今でも階段を降りる時は慎重に一歩ずつ降りる
今度は股関節の前面の痛み、鼡径部の付け根辺りです。

 

よくあるのが、腰が悪い人で膝が痛くなる人が多いです。
膝が痛くなった次にギックリ腰やヘルニア、坐骨神経痛になる人もいます。

 

また鼡径部や股関節の痛みも腰痛に繋がっています。
鼡径部の付け根辺りが痛い人は腰が痛い人に多いです。

股関節や鼡径部の痛み、膝の痛み、すべて繋がっています。

 

どこか一つ痛い、違和感があれば、色々な所に負担がかかって、助け合い
かばい合います。

また、痛みを避けるために、痛くない姿勢をして、別の所に負担、痛みが
現れてきます。

 

みなさんは、腰は腰、膝は膝、股関節は股関節と単体で考えていますが
人の体は繋がっていた、体が自由に動きます。

別々の物なら、体は自由にコントロールすることが出来なく
動きも大変不便です。

 

どこか一つ痛いなら、どこかに無理や負担がかかっています。

 

早めに体のバランスを整えて、無理のない負担がかからない体の戻して
動きやす体にしていくことをおすすめします。

 

痛みのある所だけが悪いのでなく、体全体のバランスを考えてください。

 

バランスの取れた体い戻れば、動きやすくなったきます。
また長年の悪いクセや姿勢などの、一度戻してあげて、脳に思い出して
習慣づけることが必要になってきます。

 

一度いい姿勢、バランスの取れて体を覚えていけば、良くなっていきます。

痛みを避けるための姿勢でどれがいい姿勢なのかわからなくなっています。

 

皆さんがよく言うのは、自分の姿勢が正しいのか、わからなくなっている
どれが正しいのかもわからないそうです。
体が迷走しているようです。

 

まずはバランスの整って体で、足で地面を感じて立っていることから
始めましょう。

 

 


田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ