手のしびれ、病院で手根管症候群と診断され、その後両手にしびれ・・・

手根管症候群で手のしびれ、初めは片方だけだったのに、両手しびれるように


なって、夜は両手にサポーターをして眠っているそうです。

手のしびれ・手根管症候群

 

手根管は朝方、手の痛み、しびれで目が覚めることもあります。
軽手を振ると痛みやしびれは軽減します。

 

しびれは親指から薬指の内側がしびれます。親指の付け根の母指球の筋肉が
低下して細くなってきます。母指と示指で輪を作ることがうまくできません
小さな輪になっています。

 

この患者さんは、肩や首が張って、力が抜けない状態です。
普段から肩こり、肩に力が入っています。

肩に力が入っていれが首にも力が入っています。肩から上が力が入って
緊張しています。背中も緊張している状態

 

手に力を入れると痛い、しびれ、特に重たい物を持つ時や自転車に乗って
手に力が入ってハンドルを持つ時に痛みしびれが強くなるそうです。

自転車に乗る時、肩に力が入って肩も痛いそうです。

 

手根管は簡単にはよくはなりませんが

肩や首、背中、腕のバランスを整えていけば、体が軽く動きやすく負担の
かからないようにすれば、しびれや痛みは軽くなっていきます。

力が入り過ぎて、手首の手根管に負担がかかっているので、負担がかからない
ような体にして、動きやすい、無理のない動きをしていけば大丈夫です。

自転車に乗る時も肩に力が入らないような体になっていけば、痛みやしびれは
軽くなります。

 

軽くなっても、疲労やストレスなどがかかるとよくはありません
最低3~6か月はいい状態にして、日常生活を送りながら、調整していくことが
大事です。

 

体、全体のバランスと整え、動きやすい、負担のかからない体に調整して
いきます。

症状が軽くなっても、よくなったと勘違いしないで、調整を続けけることが
早く良くなるコツです。

 

放置していてもよくはなりません、一時はいいようですが、また同じ事の
繰り返しになります。

 

最悪の場合は手術する人もいるようです。そのようにならないためにも
早く調整してはどうでしょうか。

 

いつでも、ご連絡ください。簡単はしびれ、痛みはとれませんが
早めに調整する事をおすすめします。

 


田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ