膝の痛みから腰が痛く歩く事が苦痛・・・・

始めは左膝が痛く、かばいながら運動したりしていたが


右膝まで痛くなって歩くのが苦痛になった後、腰が痛くなった人です。

膝関節の痛み、腫れ

 

運動好きな人でフラダンスをしているそうです。
フラダンスは少し膝を曲げて行いますが、これで膝を痛める人がいます。

 

膝の関節に無理がかかっているのでしょう
フラダンスをしても痛くない人もいます。


膝の関節が正しく使われていな人、立っていても膝が外に開く人や
歩いてる時や座っている時に膝関節を捻じって使っています。

 

膝関節を支える筋肉、大腿四頭筋の筋肉低下も関係していますが
普段の膝の使い方が内に入ったり、外に開いたりして使っていれば
膝関節に負担がかかっています。

 

多いのは立っている時に足に体重をかけるのが不均等で、
片側の外とか内、前側、後ろ側と傾いていれば
毎日立って生活しているので土台が傾いていれば、膝の関節も
片側だけ負担がかかったりして、膝がねじれてきます。

 

立ち方一つで膝関節の負担が変わってきます。

 

膝が傾いていればその上にある腰まで歪んで負担がかかります。

よく、膝が悪くなってから数年たってからヘルニアとかギックリ腰に
なる人が多いです。

膝が腫れたりしていれば膝に負担がかかっています。

 

まずは体、全体のバランスを整え、足にかかる体重を均等になるように
体の軸と、体の重心のバランスを調整する事をおすすめします。

 

立ち方を変えれば、足にかかる体重ののバランスと整えれば膝関節や腰、首
肩まで、負担がかかっていると所はよくなることが多いです。

 

気になる方、一度、体のバランスや足のうらにかかるバランスを整えることを
おすすめします。

 

 

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ