ノロウィルスの嘔吐がお布団や洋服、カーペットなどの処理は・・・

洗う事が出来ない場合、ノロウイルスの消毒法です。

布団や枕などに嘔吐した場合、どう処理したらいいのか困ります。

 

ノロウィルスの布団の消毒

 

ノロウイルスに対する消毒は塩素系漂白剤が効果的と言われていますが、
85℃以上の温度で死滅すると言われています。

 

アイロンがけも効果があると考えられます。
アイロンの温度は、中の設定で約120℃~160℃
高の設定で約160℃~200℃となります。

 

まず最初に、拭き取れる部分は出来るだけ拭き取り、
布団の嘔吐が付着した部分に霧吹き(水)をかけ、アイロンで加熱します。

霧吹きで水分を与えると焦げ防止になるのと
熱伝導率が上がるのでより効果的だそうです。

 

スチームを全開にして嘔吐の付着した部分を
アイロンを少し浮かした状態で約1分以上スチームをあてます。



直接アイロンをあてるのではなく、スチームを嘔吐が付着した部分に
あてるのが大切です。

約1分もの間、直接アイロンをかけてしまうと焦げる可能性があるので
注意してください。

 

直接アイロンをあてなくても、熱によって生地が傷んだり、
焦げが起きてしまう可能性もあります。

 

洗える物は洗濯桶やバケツなどに塩素系漂白剤を入れます。

バケツやタライなどを使う時


水が10リットルのの場合は、約40㏄塩素系漂白剤のキャップなら
約2杯ぐらいが目安です。
水の量が5リットルなら、20cc、1杯

 

洗濯機を使う時、洗濯機に水を溜めて消毒をします。


塩素系漂白剤の使用量は、水10リットルで40㏄です。
洗濯機の水量に合わせて、塩素系漂白剤を入れてください。
50リットルの場合は、200㏄(約キャップ8杯)

そのまま30分くらい放置します
洗濯します

約30分放置後、洗剤を投入し普通に洗濯します。
すすぎは、念入りに2回以上は行うといいようです。

 

ノロウィルスは二次感染が知らない間に起きます。

 

手洗いをして、嘔吐物はすぐに消毒液をかけて、広がらないように
捨てる時も気をつけて、ビニール袋に入れ他のごみと混ざらないように
捨てましょう。

 

手袋とマスクは必需品です。

 

みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。

 

==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ