ノロウィルスの二次感染を予防を考え・・・・

冬になるとインフルエンザやノロウィルスが流行ってきます。
岐阜の人が両方流行っていて学級閉鎖されたと言っていますした。

どうも、学校でノロウィルスの吐瀉物で感染したようです。

 

ノロウィルス対策

 

インフルエンザは飛沫感染します、手洗いうがいなどで予防できます。


ノロウィルスの場合はノロウイルス患者の吐物や便が床に落ち、
それを吸い込むことで感染します。二次感染して広がっていきます。


ノロウィルスの予防として食品をよく加熱した物を食べていればいいようです
貝類、カキなどに、ノロウィルスがいるようです。

加熱した食事を食べていても、誰かの嘔吐した物で感染します。

 

ノロウイルスは、感染性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種で、
カキなどの貝類が原因で食中毒になるほか、感染した人の糞便や嘔吐物、
それらが乾燥したものから出る塵埃を吸い込み感染します。


年間を通じて発生し、特に冬に多いようようです。

 

ノロウイルスに感染すると、1日~2日の潜伏期間後に、
主に嘔吐、下痢、腹痛、発熱(37℃~38℃)
1日~3日間、症状が続いたあと、回復し後遺症の心配もありません。

 

ノロウイルスを死滅させるには、85℃以上の熱湯に1分間つけるか、
次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)を使用するしか方法はないそうです。

 

まずは消毒液を作っておくといいようです。
消毒液には、次亜塩素酸ナトリウムを使用します。
次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用の塩素系漂白剤に含まれています。
塩素系漂白剤は、衣類用やキッチン用、どちらを使用してもいいようです。

ワイドハイターは、酸素系漂白剤で塩素系漂白剤ではありませんので
気をつけてください。

 

嘔吐した物に消毒液


500ccのペットボトルに、塩素系漂白剤を約10㏄入れます。
10㏄の目安は、塩素系漂白剤のキャップ約半分ぐらい。
キャップの容量は約22~25㏄です。
ペットボトルのキャップなら約2杯(1杯5㏄)
スプレイのボトルに入れ、使用してもいいですね

 

処理をする場合は、手袋、マスクの着用します処理をする人以外は
近づかないようにし、換気をよくします。
手袋は、使い捨てのビニール手袋が便利です。

 

嘔吐した物に新聞紙などで覆って、消毒剤をかけ、新聞紙こと、
ビニール袋入れ、口をふさぎます。
嘔吐物などは外側から内側に取り除きます
ふき取り時に嘔吐物を広げないように注意してください。
手袋の表面を包み込むようにして捨て、手洗いを念入りに行います

 

トイレの便座など、洗濯での消毒液の作り方

500ccのペットボトルに、塩素系漂白剤を約2㏄入れます。
2㏄の目安は、小さじ1/2くらいです。
ペットボトルのキャップなら約半分以下(1杯5㏄)


トイレの便座や床などの消毒に使用しますので、スプレーのボトルに
入れておくと便利です。


ノロウイルス菌が手に付着した場合に手に塩素系漂白剤での殺菌はできません
しっかりと手洗いすると、菌は死ななくてもある程度は流れる落ち
石鹸などでしっかりと手を洗うことで二次感染は防止できるようです。

ノロウィルスの嘔吐物の処理には気をつけましょう。
消毒液を作って準備していれば、慌てなくてもいいようです。

 

みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。

 

==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ