椎間板ヘルニアの手術後の痛み、足のしびれの原因や生活習慣のクセ・・・

椎間板ヘルニアの手術後、2か月で病院の検査で椎間板ヘルニアと診断され


手術後、2か月で足のしびれ次に手術した腰が痛くなったひとです。

椎間板ヘルニアの手術後

 

手術する前にも病院で再発することもあると言われていたそうです。


手術前は、足の感覚がなく、腰の痛みで立てない状態
今はそれ程の痛みはないがしびれがあって再発して、またあの痛みがと不安
腰の痛みのため、仕事は休みだそうです。早く仕事がしたいそうです。

 

病院では椎間板が飛び出たのを切除してくれますが、
椎間板が飛び出した、原因の体の事は何もしません
リハビリでも、運動療法と貼り薬とブロック注射です。

 

椎間板が飛び出した姿勢、体の歪みや負担を取り除いていません

 

この方も、体はねじれ、右に傾き、腰は下がり、歪んで、首にまで痛みが
体のねじれが背骨のねじれと同じで、椎間板がねじれて、押しつぶされ
飛び出しています。

 

椎間板は狭くなっていても体を休めていれば、元の位置に戻っていきます。
これだけ歪みで体がねじれて、雑巾のようになっていれば、自分の力で戻る
のは難しく時間がかかります。

 

雑巾だって、絞って、そのままの状態でいたら乾燥して、戻りにくいです。
人の体も同じで戻りが悪くなっていきます。

雑巾は水の中で戻すことが出来ますが、人の体は簡単にはいきません

 

まず、正しい位置に体を持ち上げると腰の痛みが楽になることがわかります。

正しい位置に体を戻していけば、椎間板にも腰にも、足、首にも負担がなく
体全体でバランスの良い姿勢で生活していけます。

 

ねじれて体を元に戻すには時間がかかります、長年の生活習慣のクセや
悪い姿勢、座り方、立ち方など、徐々に直して、バランスの良い体にして
自分の体を直す力をつけていきます。

 

歪んだ体は、免疫力、自然治癒力が低下しています。
体を治す力がないため、なかなかよくはありません

 

バランスのいい体は、自然治癒力や免疫力が高いです。夜、睡眠が大事です

体のバランスを整え、健康的な姿勢で生活すると椎間板ヘルニアでもいい結果
が出ます。

 

椎間板ヘルニアの手術をした人も、していない人も、
どうして椎間板が飛び出したか、知りたくはありませんか

 

手術も必要ですが、原因の体の事を考えて下さい

同じ事の繰り返しにならないためにも、一度考えて下さい。

 

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ