座って立ち上がる時、腰が伸びない

長い時間、座って立ち上がる時、腰が曲がったままで伸びない


普段はそれほど腰に痛みはないのですが、

 

伸びない腰痛

 


また、草むしりや庭、畑仕事をしたあとは腰が曲がったまま伸びにくい
みなさん、立ち上がってから腰をトントンと叩いています。

 

腰をトントン叩いても変わりませんが
その間の時間で腰はゆっくりと伸びていきます。

時間が立てば、腰は伸びて、何もなかったように生活します。

 

座り方にも問題はあります


腰を立てて、座ればいいのですが、時間がたつと、腰を後ろに倒して下げます

今まで腰にウェスト辺りが中に入って座っていたのに
時間と共にウェスト辺りが後ろに丸くなってきます。

 

前側が伸びている時はいいのですが
前側が二つ折れなっていきます。

そのため、腰が後ろに倒れています。

 

長い時間、腰が後ろに倒れていれば、

立ち上がる時は腰が前に行かないと立ち上がれません

腰が立ち上がる時についてきません

 

立ち上がりと同時に腰、骨盤が同じように動けばいいのですが
上体だけが前に行って、腰、骨盤が後ろに倒れたままです。

時間が立てば腰もついてきますが

これが、ひどくなると、ギックリ腰になって動けなくなる人もいます。

 

草むしりや畑仕事で両膝を深く曲げ腰を下ろして状態も同じ事です。

腰を丸くして腰を下げ、長い時間、曲げていると
膝は伸びない、腰は伸びないようになります。

 

その時はゆっくりと順番に立ち上がりましょう。
まず膝を地面に着けて膝たちで伸ばします。

次に片足を立てて、上体を前に倒しながら起きてください。

 

または両膝で屈伸運動してから、ゆっくり立ち上がってもいいです。

できるだけ腰に負担をかけない立ち方です。

 


長時間腰を曲げた姿勢はとても腰に負担のかかる姿勢です。

腰の痛い時や腰に違和感のある時はしないようして下さい。

 

このような状態がある人は腰に負担がかかっていますので
それ程痛くなくても、体のバランスを整える事をおすすめします。

 

急に痛くなったとか動けないことにならないよう

腰を痛めると大変です。
腰を気にして動くのも、体に負担がかかって
色々な症状が現れますよ。

 

早めの体のケアが大事です。

 

 

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

 

コメントを残す

このページの先頭へ