小学生の側弯症、病院でいい結果が側弯が6°に・・・・

小学生で体が傾いて、じっとしていられない


母親が心配して、病院で側弯症で定期的に検査、指導を受けていました。

 

子どもの側弯症

 

母親もムチウチの症状で通院していましたので
側弯症はよくしてくださいと

 

側弯症の右の背中の膨隆と肋骨、腰のねじれ、腰椎の前弯
猫背の姿勢です。


側弯症は背骨が左右に弯曲して背骨のねじれです。


左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの違い、胸郭のねじれ、変形
肋骨や腰部の膨隆が見られます。


わかりやすいのが前かがみの姿勢で後ろから背中を見るとわかります。

左右の肩の高さ
左右の肩甲骨の突出
両腕の長さの違い
左右背中の膨隆など左右差があるか見てください。


側弯症の種類は
胸椎の右側にカーブして肋骨のねじれが目立ちます。
最も多いカーブです。

 

胸腰椎はカーブの長さが長い、肋骨の膨隆があります。

 

腰椎は腰の左側のカーブ

 

ダブル型はS字型カーブなどがあります。

 

側弯が進行すると背中や腰の痛みや心肺機能の低下があります。

 

側弯症は子どものうちは、改善することも出来ますが
大人になってからでは、とても難しいことです。

小学校か中学の初期に始めないといけません

 

大人になると色々な症状が現れ、大変、体が疲れやすく体調不良になりやすい

子どものうちでも大変、時間がかかります。

 

この患者さんも、半年ぐらい、バランスの調整をしていますが
これからも、月2回、調整を行います。

まだ安心はできませんが

いい方向、いい姿勢に戻していけば、悪くなることはありません

 

定期的に病院で検査や診断していますが

今回、側弯6°になって、大変喜んでいました。

 

早い時期にバランスの調整ができたのでよかったです。

これから、成長期になっていきますので、このままバランスを整えていけば
将来は、いい姿勢になっていくでしょう

 

子どもの姿勢はこれからの将来が決まります。

 

姿勢のせいで体調不良や集中できないと、この先とても辛いです。

 

子どもの姿勢、猫背は早いうちに、親御さんが気をつけてあげたください

学校からの側弯の連絡の前に気づいてください。

 

 

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ