赤ちゃんの体重が10キロ以上で腰のヘルニアになったママ・・・

まだ1歳ぐらいで10キロ以上あるお子さんを毎日抱っこ


子どもの目線でママもしゃがんで動かなければなりません

 

お母さんのヘルニア

 

また床に座る時に、かた足立ち、どちらかの足を立てて動くことが多いママ

 

気をつけてください。

 

骨盤が歪んでいきますよ

 

また、とても重くなった赤ちゃんを持ち上げなくてはいけません
無理な姿勢で手だけ使って持ち上げ抱っこしています。

 

重たい物を持つ人に多いヘルニアになりますよ

 

産後、骨盤が安定していない状態のまま、このような姿勢をしていると
骨盤でけでなく、腰椎のズレ、ヘルニアになっていきます。

 

まだ、母乳の人は痛み止めは、飲めませんので気をつけてください。

 

子どもを抱っこする姿勢もかた方の腰にのせている人、お腹を突き出して
抱っこしている人、腰が痛くなっていませんか

できるだけ体の真ん中、正中で抱っこしてください。

 

床で子供と過ごす時は、できるだけかた足立ちしないでください。

とても難しいことではありますが、足と変えたり
お尻の下に座布団を入れてあぐらや両膝たちなどしてください。

 

子どもにはどうしても抱っこが必要です。

 

この患者さんはお尻の右側が動くと痛く病院でヘルニアと診断されました

寝返りも立ち上がり、動き始めが痛く大変です。

子どもも抱っこできません

 

このようになる前に、体の歪みを整えることをおすすめします。

ヘルニアはとても痛いです、時間もかかります、簡単にはよくはなりません

早めに体の事を考えて下さい。


自分一人の体ではありませんよ。

 

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ