お餅が喉に詰まるの防ぎ方・注意・・・

1月は高齢者の方が餅を喉に詰まらせることによる窒息事故が多い月です。

どうしてお餅は喉に詰まりやすいのでしょうか?

 

お餅が喉に詰まる

 

餅は、体温に近い40℃以下に下がるとかたくなる特性があります。

 

たとえ熱々に調理されたお餅も、冬は室温が低いですし、
口に入れて体温より低い温度になると硬くなり、

また口の中で喉の粘膜などにくっつきやすくなります。

気道の入り口に餅がくっつきはがれない場合、窒息につながることがあるそうです。

 

喉の機能は、加齢とともに変化してきます。


歯が抜けたり、入れ歯になることで噛む機能が低下し、
また唾液の分泌量が減ることで、食べ物が飲み込みにくくなります。

 

感覚が低下したり、加齢により喉頭が下がってしまい、
食べ物が喉を通るときに気道を塞ぎきれずに
気道に入り込みやすくなるなど、食べて飲み込む機能が低下します。

このような理由で餅が喉に詰まることが起きてきます。

 

お餅を安全に食べるポイントは唾液をしっかり出すこと

よく噛むことで餅に唾液を十分混ぜることができ、
飲み込みやすくなるとともに、喉に餅がくっつきことも防ぎます。

 

朝は唾液の出が悪いので、食事の前に口の準備体操となるよう、
話をしたりすることもよいことみたいです。

喉を潤してから食べることが、窒息を防ぐことに有効です。

 

食べるときには、一人でいないように気をつける。

また温かいお茶などの水分も、用意しておきましょう。
食べることに集中し、急に上を向くなど姿勢をかえないことも大切です。


南 恵子(All About 食と健康)参照

 

餅が喉に詰まることは決して高齢者だけではありません

小さな子どもや唾液の少ない人など十分に注意した方がいいです。

餅を噛まずに飲み込む人もいますが

気をつけてください。

 

餅を食べる前に唾液を出すためにおしゃべりや口の準備運動
水分を十分にとっていきましょう。

 

餅を食べる時は餅に集中して食べましょう
一人では食べない方がいいみたいですね。

 


みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。

 

==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ