2016年申年を迎えるに前に赤い色の物を・・・・

申年に赤い肌着がなぜ縁起がいいのか

昔から、申年の申の日に赤い下着を贈られると健康に過ごせるなどの説があります

 

申年の赤いパンツ

 


申年の「サル」にかけて「病が去る(サル)」ことや、
「赤」は病気を防ぐ厄除けの言い伝えがあるので、赤い肌着が良いと
されているそうです。

 

巣鴨の赤い下着、パンツは有名ですが

 

赤い下着を身に着けると「パワーが上がる」「気合が入る」「運が開ける」
などアンケート調査結果があります。

確かに前向きなになる気分です。

 

12年に1回の事ですから、また健康になると言われると

赤い物を身につけようか

何にしようか、悩みますね

 

赤い下着、パンツ、腹巻、靴下、赤い靴、赤い財布、赤いメガネ

まだまだたくさんあります。

 

また申年の人から赤い物をもらうといいとも言われていますので

申年の人、来年用に、お父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃん
家族、知り合いの人にプレゼントしてください

たくさんの人は大変ですね。

 

2016年申年を迎えるに前に、
ゲン担ぎの準備をしていきましょう。

 

その次は2028年になりますよ

気になりますね

何にしましょうか

 

昔からいいと言われていることですので
試してはいかがでしょうか

 

健康に過ごせるみたいですよ、気持ちもです。

 

みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。

 

==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ