スマホ老眼とは何・・・・

スマホ老眼

 

最近若い人も老眼になっているようです。

スマホを長時間見た後、本や資料の文字がぼやけてピントが合わなく
驚いて焦ってしまうそうです。

 

老眼の初期症状

細かい文字が読みづらい
暗い所では文字が見えない
目が疲れやすい
目がかすむ
頭痛や肩こりがある

 

このような症状の人はスマホ老眼、初期の老眼に近づいているようです。


老眼とは
ピント調節機能の「毛様体筋(もうようたいきん)」が低下することで、
遠近の調節がしにくくなる状態のこと。


新聞や資料など手元の細かい文字が見えにくくなるような、
近くのものにピントが合わせにくくなる症状は、
誰もが40歳代になれば、徐々に感じることである。

 

スマホ老眼は長い時間スマホやパソコンで目の水晶体を調整する
毛様体が緊張して、一時的にピントが合わない

毛様体の緊張で眼精疲労です。

 

予防として、遠くを見るといいです。
下をみないでたまには上を向いて空や星をぼ~っとするのもいいです。

 

また肩や首などの凝りからも目に影響が出ます。

まずは体のバランスを整えて、体をスッキリして目の前を明るくしてみたは
いかがでしょうか

 

若いから大丈夫と思わないで、早めに調整しましょう。

 

 

田中健康院はこのような症例のある治療院です。
みなさまのご参考になれば幸いです。
お読みいただき、ありがとうございました。
過去のブログもご覧下さい。


==============================


【愛知県一宮市の整体】身体と心の健康のメンテナンス予防整体
 田中健康院 バランス反射療法会員

愛知県一宮市緑1-10-10グリーンハイツ106

JR・名鉄一宮駅から車で7分

名鉄バス一宮駅から岩倉行5分印田バス停から徒歩3分

TEL 0586-25-8066

診療時間 月~金 午前9:30~12:30

            午後3:00~ 8:00

       土曜  午前9:30~18:00

       定休日 日曜日

祝日は午前診療 【予約制・一日の人数を限定】

当日予約もできますが出来るだけ早めにお願いします。 

 

当院実績

骨盤調整 <産後 更年期>
自律神経の不調<動悸 めまい 不眠>
呼吸がしにくい 胸 お腹の痛み
体の歪み 姿勢の悪さ
手 足の痛み しびれ 膝痛 関節の痛み
腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛
肩凝り 頭痛 背中の痛み ムチウチ 

など多くの実績があります。


体の事で悩んでいる人、ご質問 ご相談だけでも、お気軽にどうぞ

「ホームページを見て」とお電話していただけると、うれしいです

コメントを残す

このページの先頭へ